スキップナビゲーション

遺産分割

遺産分割の流れ

相続開始

 死亡(または失踪宣言)

相続人の確定

 遺産分割の当事者となる相続人を確定します。

相続財産の調査・確定

 次に遺産分割の対象となる財産(遺産)にどのようなものがあるか、またその財産の価額はいくらかを算定します。遺産分割の対象となる財産は、不動産や金融資産、現金等です。ただし、預金等 の金銭債権や借金等の金銭債務は、各相続人の相続分に従って当然に分割して帰属すると考えられているので、遺産分割の対象となる財産には含まれません。

具体的相続分の確定

 特別受益や寄与分を考慮し、遺産分割の前提となる具体的相続分を確定します。

詳細を見る

遺産分割手続

 相続人全員によって遺産分割手続きをします。 遺言書によって全ての遺産の分割方法が定められている場合、遺産分割手続きは不要です。その場合、遺言書(公正証書遺言を除く)の検認手続きを経て、遺言書の内容に基づき遺産を分割します。

 遺産分割協議

 相続人間で話し合って各相続人がどの遺産を取得するかを協議し、合意します。
 争いのない事案では遺産分割協議によって遺産分割することになります。

   遺産分割協議

 遺産分割協議書、調停調書、審判書に従い、遺産を各相続人に分割します。

 相続財産の分け方

 相続財産の分け方には、以下のような方法があります。

現物分割 個々の財産の形状や性質を変更することなく分割する方法であり、遺産分割の原則的方法です。
代償分割 一部の相続人に法定相続分を超える遺産を取得させた上で、その代償として他の相続人に対して金銭の支払い義務を負担させる方法です。
換価分割 遺産を換金した後に価格を分配する方法で、現物分割・代償分割が困難な場合に用いられます。
共有分割 遺産を分割せずに共同相続人の共有取得とする方法で、現物分割・代償分割・換価分割が困難な場合に用いられます。

相続税申告・相続登記手続き

 遺産分割完了後、相続税申告や不動産の相続登記が必要となります。ただし、遺産分割が相続税の申告期限に間に合わない場合は期限内に法定相続分で申告した上で、遺産分割完了後に修正申告又は更正請求をすることになります。

弁護士法人中部法律事務所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-23-6 第二千福ビル5F JR名古屋駅・地下鉄東山線名古屋駅から徒歩4分、ユニモール10番出口前 ※桜通沿い、auショップが目印です。 電話番号:052-562-0775 受付時間:平日 9:00~19:00 土曜 13:00~18:00(時間外相談対応) 無料相談申込フォーム