スキップナビゲーション

相続人・法定相続分

法廷相続人

■ 配偶者 常に相続人
■ 血 族

第1順位
子(実子・養子 ・胎児)若しくは代襲者
 ↓ 
第2順位  ・・・第1順位の血族がいない場合
直系尊属 (父母→祖父母と親等が近い順)
 ↓    
第3順位  ・・・第1順位及び第2順位の血族もいない場合
兄弟姉妹若しくはその代襲者

 被相続人の配偶者は常に相続人になります。血族は第1順位:子→第2順位:直系尊属→第3順位:兄弟姉妹の順で相続人となり、第2順位は第1順位の血族がいない場合、第3順位は第1順位及び第2順位の血族がいない場合にそれぞれ相続人となります。例えば、被相続人に子がいる場合、父母や兄弟姉妹は相続人とはなりません。

法定相続分

 法定相続分とは民法上定められた各相続人が相続財産に対して有する権利割合のことをいいます。遺言により各相続人の相続分が定められていない場合、法定相続分に従います。

  配偶者 配偶者以外の相続人
配偶者と子の場合 2分の1 2分の1
※複数存在する場合には、頭数で等分する(ただし、非嫡出子は嫡出子の2分の1)
配偶者と直系
尊属の場合
3分の2 3分の1
※複数存在する場合には、頭数で等分する
配偶者と兄弟姉妹の場合 4分の3 4分の1
※複数存在する場合には、頭数で等分する(ただし、半血兄弟は全血兄弟の2分の1)
配偶者のみ 全て  
配偶者以外の相続人のみ   全て

配偶者と子がいる場合

【法定相続分の具体例】

配偶者…2分の1
子…2分の1×3分の1=各6分の1

内縁の妻および内縁の妻との間に子がいる場合

【法定相続分の具体例】

配偶者…2分の1
内縁の妻…法定相続分なし
嫡出子…2分の1×7分の2=各14分の2
非嫡出子…2分の1×7分の1=14分の1

子の一人が相続放棄した場合

【法定相続分の具体例】

配偶者…2分の1
長男・長女…2分の1×2分の1=各4分の1
次男…相続分なし
孫…相続分なし

子の一人が死亡していた場合

【法定相続分の具体例】

配偶者…2分の1
長男・長女…2分の1×3分の1=各6分の1
孫…2分の1×3分の1×2分の1=各12分の1

配偶者と直系尊属が相続人となる場合

【法定相続分の具体例】

配偶者…3分の2
父母…3分の1×2分の1=各6分の1

配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合

【法定相続分の具体例】

配偶者…4分の3
弟・妹…4分の1×2分の1=8分の1

法定相続人でも相続権が認められない場合

法定相続人に該当する場合であっても、以下の場合には相続権は認められません。

①相続人欠格事由(民法891条)

 相続人となるべきものが、相続について犯罪行為をした場合には、その相続人の相続権は当然に失われます。相続欠格事由が存在すると、代襲相続が生じます。

 相続欠格事由は、具体的には以下のような事由が挙げられます。

・故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

・被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。

・詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者

・詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

・相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

②相続人の排除(民法892条)

 遺留分を有する相続人(兄弟姉妹を除く法定相続人)に被相続人に対する虐待、重大な侮辱や著しい非行があったときには、被相続人が家庭裁判所に請求して、相続権を剥奪することができます。

 相続人排除の審判があると、排除された相続人は、被相続人の地位を失い、代襲相続が生じます。

③相続放棄(民法938条・939条)

 相続人は、熟慮期間内に家庭裁判所に対して相続放棄の申告をすることで、相続人としての地位を放棄することができます。

 相続放棄をすると、はじめから相続人ではなかったことになるので、代襲相続は生じません。

弁護士法人中部法律事務所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-23-6 第二千福ビル5F JR名古屋駅・地下鉄東山線名古屋駅から徒歩4分、ユニモール10番出口前 ※桜通沿い、auショップが目印です。 電話番号:052-562-0775 受付時間:平日 9:00~19:00 土曜 13:00~18:00(時間外相談対応) 無料相談申込フォーム