スキップナビゲーション

相続放棄

相続放棄

 相続放棄とは、相続人が家庭裁判所に相続放棄する旨申述し、相続人としての地位から離脱することをいいます。

 相続財産が明らかに借金や保証債務ばかりという場合には、相続放棄をすることで借金などの相続を免れることができます。

 なお、相続放棄には3ヶ月以内という期間の制限があることや、相続が発生したことを知って相続財産の処分をすると相続を承認したものとみなされて放棄ができなくなることに注意が必要です。

相続放棄の申述人

 各相続人が申述人となります。相続人が未成年者または成年被後見人である場合には、その法定代理人が申述人となります。

 なお、未成年者と法定代理人が共同相続人となる場合で、未成年者のみが相続放棄するとき(法定代理人が先に放棄している場合を除く。)又は複数の未成年者の法定代理人が一部の未成年者を代理して相続放棄するときには,当該未成年者について家庭裁判所において特別代理人の選任が必要です。

 また、異なる順位の(推定)相続人が同時に相続放棄をすることはできません。例えば、被相続人の子と親が同時に相続放棄をすることはできませんので、まず第一順位の相続人である子が全員相続放棄を行い、受理された後に初めて被相続人の親は相続放棄をすることが可能となります。

相続放棄の申述先

 相続放棄の申述先は、亡くなった方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所となります。

相続放棄と限定承認の違い

 相続放棄をすると、被相続人(亡くなった方)の遺産の一切を相続しないことになります。すなわち、相続人たる地位そのものを放棄することになります。

 これに対して、限定承認はプラスの財産を責任の限度として相続する方法です。つまり、プラス財産を上回るマイナス財産があった場合には、上回る分については責任を負わないということです。実際の使われ方としては、相続財産が全体でプラスなのかマイナスなのかわからないような場合に利用されます。

 なお、相続放棄は相続人の一人のみでも手続きができますが、限定承認は相続人全員で行う必要があり、一人でも単純承認すると限定承認はできなくなりますので、注意が必要です。

弁護士法人中部法律事務所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-23-6 第二千福ビル5F JR名古屋駅・地下鉄東山線名古屋駅から徒歩4分、ユニモール10番出口前 ※桜通沿い、auショップが目印です。 電話番号:052-562-0775 受付時間:平日 9:00~19:00 土曜 13:00~18:00(時間外相談対応) 無料相談申込フォーム