ホーム > 相続Q&A > 遺留分 > 遺留分の権利を放棄することはできますか
相続のよくあるご質問
遺留分の権利を放棄することはできますか

遺留分の権利を放棄することはできますか

回答

遺留分の権利は、相続開始後(被相続人が亡くなった日以後)であれば、自由に放棄することができます。一方、相続開始前に放棄するには、家庭裁判所の許可が必要です。これは、遺留分という制度が、相続人の生活保障などの意味合いもあることなどが理由です。

なお、遺留分の放棄と、相続の放棄とは異なります。したがって、遺留分の放棄をしたからといって、相続の放棄をしたことにはならず、仮に被相続人が遺言を書かずに亡くなった場合には、相続開始前に遺留分を放棄した相続人も、他の相続人と同様に相続権を有します。

 解説

1.相続開始前の遺留分放棄

相続開始前に遺留分を放棄するには、家庭裁判所の許可が必要です(民法10431項)。

これは、遺留分という制度が相続人の生活保障などの意味合いもあることから、無制限に放棄を認めると、被相続人や一部の相続人による放棄の強要などのおそれがあるためです。

2.遺留分放棄許可審判の申立

遺留分放棄の申立は、被相続人(となる者)の住所地を管轄する家庭裁判所に対して行います。

申立を受けた家庭裁判所は、遺留分権利者の自由意思、放棄の理由の合理性・必要性、放棄と引き換えの代償の有無(例えば既に十分な生前贈与を受けている等)などを考慮し、その許否を判断します。

3.遺留分放棄の効果

3-1.相続人となることには変わりない

遺留分の放棄をしたとしても、相続開始後は相続人の一人となります。この点、遺留分の放棄は相続放棄とは異なります。

したがって、遺贈等がされていない相続財産がある場合は、共同相続人の一人として遺産分割の当事者となり、遺産を取得することも可能です。

同様に、相続債務がある場合は、共同相続人の一人として、支払い義務を負うことになります。

3-2.他の共同相続人の相続分は変わらない

遺留分権利者が遺留分を放棄したとしても、他の共同相続人の相続分は変わりません(民法10432項)。

3-3.代襲相続人も遺留分の権利はない

遺留分を放棄した相続人(A)が被相続人(X)よりも先に死亡し、代襲相続人(Aの子)が相続人となった場合、遺留分の権利を有しません。

4.相続開始後の遺留分放棄

相続開始後に遺留分を放棄することは自由です。家庭裁判所の手続も不要です。この場合の遺留分放棄の意思表示は、遺留分減殺請求の相手方(遺贈を受けた者等)に対して行うとよいでしょう。

参考条文

民法

(遺留分の放棄)

第千四十三条 相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。

2 共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。

ご利用にあたっての注意事項

● 2019年09月25日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。

遺産相続でお悩みの方へ。
相続問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に対応,相続事件の解決を全力サポートします。