ホーム > 相続Q&A > 相続人や受遺者の一人が相続税を払わない場合、他の相続人が支払う義務はありますか。
相続のよくあるご質問
相続税の連帯納付義務について|相続のよくあるご質問

相続人や受遺者の一人が相続税を払わない場合、他の相続人が支払う義務はありますか。

回答

相続税には、連帯納付義務があります。

したがって、相続税が課税されるケースで、一部の相続人又は受遺者が相続税を支払わないときは、他の相続人がこれを支払う必要があります。

 

解説

1.相続税の連帯納付義務

同一の被相続人から相続又は遺贈によって財産を取得した全ての者は、当該相続等にかかる相続税について、その受けた利益を限度として、互いに連帯して相続税を納付する必要があります(相続税法341項)。

これを相続税の連帯納付義務といいます。

 

2.連帯納付義務を負う者

相続税の連帯納付義務を負うのは、被相続人から相続や遺贈によって財産を取得した者です。財産を取得していれば、相続人でない者(遺贈によって財産を取得した者)も含まれます。

なお、相続放棄をした者は、初めから相続人ではなかったものとして扱われるため、連帯納付義務を負いません。

 

3.連帯納付義務の範囲

仮に連帯納付義務によって他の相続人や受遺者の相続税を負担することになった場合でも、納付義務を負う範囲は、被相続人からの相続又は遺贈によって受けた利益の範囲となります。

 

参考条文

相続税法

(連帯納付の義務等)

第三十四条 同一の被相続人から相続又は遺贈(第二十一条の九第三項の規定の適用を受ける財産に係る贈与を含む。以下この項及び次項において同じ。)により財産を取得した全ての者は、その相続又は遺贈により取得した財産に係る相続税について、当該相続又は遺贈により受けた利益の価額に相当する金額を限度として、互いに連帯納付の責めに任ずる。ただし、次の各号に掲げる者の区分に応じ、当該各号に定める相続税については、この限りでない。

(以下省略)

 

ご利用にあたっての注意事項

● 2021年01月05日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。

遺産相続でお悩みの方へ。
相続問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に対応,相続事件の解決を全力サポートします。