ホーム > 相続Q&A > 遺産分割 > 遺産分割協議に期限はありますか
相続のよくあるご質問
遺産分割協議に期限はありますか

遺産分割協議に期限はありますか

回答

遺産分割協議に、いつまでにしなければならないという期限はありません。

ただし、遺産分割協議自体に期限がないといっても、相続手続の中には期限のあるものもあります。

例えば借金などの相続債務(可分債務)がある場合は、各相続人は債権者に対し、法定相続割合に応じて分割された支払い義務を負います。これは遺産分割協議をする前でもした後でも変わりません。

当該相続債務を免れるためには、相続放棄の手続を行うことになります。相続放棄を行うには、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に、管轄の家庭裁判所に対し、相続放棄の申述をする必要があります。

また、準確定申告(相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内)や相続税の申告(相続税がかかる場合に、相続開始を知った日の翌日から10か月以内)も、それぞれ期限がありますので、速やかに遺産分割協議を行うことが望ましいといえます。

ご利用にあたっての注意事項

● 記載内容には正確を期しておりますが、執筆日以降の法改正等により内容に誤りが生じる場合もございます。当事務所は、本記事の内容の正確性についていかなる保証をもいたしません。万一、本記事のご利用により閲覧者様または第三者に損害が発生した場合においても、当事務所は一切の責任を負いません。
● 本記事の著作権は当事務所に帰属します。テキスト・画像を問わず、SNS等への本記事の無断転載・引用を禁止します。また、本記事の商用利用および訴訟等へ提出する証拠としての利用を禁止します。
● 当事務所は、本記事を予告なしに変更または削除する場合があります。
● 本記事の内容に関するお問い合わせやご質問には応じられません。

遺産相続でお悩みの方へ。
相続問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に対応,相続事件の解決を全力サポートします。