ホーム > 相続Q&A > 相続税、贈与税 > 相続税の税率は何%でしょうか
相続のよくあるご質問
相続税の税率は何%か,相続税率のまとめ表を使って具体的に計算してご紹介します

相続税の税率は何%でしょうか

回答

相続税の税率は、法定相続人の相続分に相当する相続財産の取得金額を、次の表にあてはめて計算します。

なお、相続財産の取得金額とは、実際に法定相続人が相続等によって取得した金額ではなく、正味の遺産額から基礎控除額(3000万円+(600万円×法定相続人の数))を控除した額(課税遺産総額)に、民法の法定相続分を乗じて計算します。

 

【被相続人の死亡が、平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表

法定相続分に応ずる取得金額

税率

控除額

1,000万円以下

10%

3,000万円以下

15%

50万円

5,000万円以下

20%

200万円

1億円以下

30%

700万円

2億円以下

40%

1,700万円

3億円以下

45%

2,700万円

6億円以下

50%

4,200万円

6億円超

55%

7,200万円

相続税の総額は、上記速算表で計算した各法定相続人の税額の合計となります。

 

計算例

  • 正味の相続財産額が5,000万円、法定相続人が配偶者と子1名の場合
  • 課税遺産総額

5,000万円ー基礎控除額(3,000万円+600万円×2)=800万円(課税遺産総額)

  • 法定相続分の課税額

配偶者の課税額=800万円×2分の1400万円

子の課税額=800万円×2分の1400万円

  • 配偶者と子の課税額

配偶者=400万円×10%40万円

子=400万円×10%40万円

80万円が相続税の総額となります

  • 法定相続分で遺産分割した場合

配偶者=80万円×2分の140万円

子=80万円×2分の140万円

  • 実際の納税額

配偶者=0円(配偶者は16,000万円までの税額控除あり)

子=40万円

ご利用にあたっての注意事項

● 2019年10月15日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。

遺産相続でお悩みの方へ。
相続問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に対応,相続事件の解決を全力サポートします。