ホーム > 相続Q&A > 相続開始から遺産分割までの賃料は誰が取得するのでしょうか
相続のよくあるご質問
相続財産から発生する賃料|相続のよくあるご質問

相続開始から遺産分割までの賃料は誰が取得するのでしょうか

回答

相続開始から遺産分割までの賃料は、遺産そのものではないため、相続人間でこれを遺産に含める旨の合意がない限り、遺産分割の対象とはなりません。

この合意がない場合、相続開始時から遺産分割までの間の賃料収入については、不動産の法定相続分割合で配分されることになります。

ただし、遺言によって収益不動産を相続する者が決められている場合は、その者が相続開始後の賃料を取得することになります。

 

解説

1.相続開始後、遺産分割成立前の賃料

被相続人が収益不動産を所有していたような場合、相続開始から遺産分割成立までの間に、賃料等が発生します。

この賃料については、遺産分割によって収益不動産を取得した相続人が、これを取得すると思われている方も多いと思われますが、この賃料は、遺産そのものではないため、相続人間でこれを遺産に含める旨の合意がない限り、遺産分割の対象とはなりません。また、遺産分割審判において賃料の取得者が判断されることもありません。

遺産分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生じますが、相続開始から遺産分割成立までの間に遺産である賃貸不動産の使用管理の結果生じた賃料債権については、遺産とは別個の財産とされ、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得するものであるため(最高裁平成1798日判決等)、原則として遺産分割の対象とはならないとされています。

 

2.遺産分割協議による場合

遺産分割協議によって収益不動産を取得した相続人は、遺産分割協議成立後に生じる賃料を取得することになります。

しかし、前述のとおり賃料は遺産そのものではないため、相続人間でこれを遺産に含める旨の合意がない限り、遺産分割の対象とはなりません。

この合意ができない場合、相続開始時から遺産分割成立までの間の賃料収入については、各相続人が、不動産の法定相続分割合で確定的に取得することになります。

 

3.遺言がある場合

遺言によって収益不動産を相続する者が決められている場合は、その者が相続開始後の賃料を取得することになります。なぜなら、遺言は相続開始時から効力を生じるためです。

 

ご利用にあたっての注意事項

● 記載内容には正確を期しておりますが、執筆日以降の法改正等により内容に誤りが生じる場合もございます。当事務所は、本記事の内容の正確性についていかなる保証をもいたしません。万一、本記事のご利用により閲覧者様または第三者に損害が発生した場合においても、当事務所は一切の責任を負いません。
● 本記事の著作権は当事務所に帰属します。テキスト・画像を問わず、SNS等への本記事の無断転載・引用を禁止します。また、本記事の商用利用および訴訟等へ提出する証拠としての利用を禁止します。
● 当事務所は、本記事を予告なしに変更または削除する場合があります。
● 本記事の内容に関するお問い合わせやご質問には応じられません。

遺産相続でお悩みの方へ。
相続問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に対応,相続事件の解決を全力サポートします。